厚別駅前歯科札幌市厚別区の歯医者
小児歯科なら、厚別駅前歯科へ

  • 院内紹介
  • 医院案内
  • 初めての方へ
  • スタッフ紹介
  • アクセス

011-892-3366

メニュー

小児歯科

HOME> 小児歯科

私たちが心がけていること

If a child lives with encouragement, He learns confident
はげましを受けて育った子は自信を持ちます。 ー ドロシー・ロー・ノルト ー

~泣かせない治療の実践~

楽しい歯みがき指導や会話、DVD(アンパンマン、ポケモン、トーマス、プリキュアなど)を見ながらの治療。
嘔吐反射が強く、治療ができないお友達は笑気を用いて嘔吐反射をなくして治療することも可能です。

僕たちが待ってるよ!
小児歯科
泣かせないで治療をすませたいですよね。
最初の泣きのきっかけは診療室への入室時です。
この時保護者が一緒の方が安心できるようなら、
終わるまで一緒にいてもらいます(母子分離の不安感は小さい子供ほど大きいものです)。
不安感の強いお友達には、その日の治療内容を絵やDVDで見てもらいます。
次の泣きのきっかけは麻酔です。
当院では麻酔は最小限にし、どうしても必要な場合でも麻酔注射をしたことに気付かせないようにしたいと思っています。
虫歯の初期に治療すると麻酔をしなくても痛みなく白い詰め物をすることが可能です。
でも一番大切なことは虫歯にならない様にすることです。
治療のためではなく、予防のために歯科医院に来ていただきたいのです。
そのためブラッシング指導、食事指導、フッ素の洗口指導も大切だと考えています。

小帯の異常や口内炎などの粘膜疾患

赤ちゃん言葉がいつまでもとれないなど、発音の発達の遅れの中には舌小帯の異常が原因のことがあります。 当院ではレーザーによる小帯切除を行っています。舌小帯の強直が強い場合や、腫瘍など特殊な疾患は口腔外科にご紹介させていただくこともあります。
  • ・上唇小帯強直症
  • ・舌小帯強直症
  • ・口内炎
  • ・外傷などによる口腔内の裂傷
  • ・粘液のう胞

お母さんお父さんへのアドバイス

「永久歯がなかなかはえてこない」「前歯をぶつけた」「歯の形がおかしい」「いつも口が開いている」などさまざまな疑問や悩みに寄り添い、子育て中のお父さんお母さんを応援したいと思っています。
  • ・成長に応じての歯みがきや仕上げ磨きの仕方を指導しています。
    (まず歯ブラシをくわえられるようになるところから、全体を磨けるようになるまで)
  • ・耳鼻科疾患と歯科との関わりを知ってもらえるよう努めています。
    扁桃腺肥大や鼻炎による口呼吸は、歯列の不正や睡眠時無呼吸の原因になることがあります。
PAGE TOP